仮想通貨でも使えるテクニカル分析~ボリンジャーバンドってなに?

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、1980年代にジョン・ボリンジャーによって考案されたテクニカル指標であり、移動平均線や一目均衡表などと同じく大変人気があり、多くの投資家によって利用されています。

ボリンジャーバンドは、名前からもわかるように、いくつかのバンドが組み合わされてできたテクニカル指標であり、そのバンドは、移動平均線標準偏差で構成されています。

そのため、ボリンジャーバンドを使えば、一定期間の価格の平均値だけでなく、移動平均線ではわからなかった値動きの激しさ(ボラリティ)も同時に知ることができます。

ボリンジャーバンドは、一般に移動平均線と6本の標準偏差線からなり、標準偏差線は移動平均線に近い順に、1σ、2σ、3σと呼ばれています。

±3σを表示せず、移動平均線と4本の標準偏差で使用する場合もあります。

基本的にローソク足はこのバンド内で値動きをし、1σ内に収まる確率は68.3%、2σ内に収まる確率は95.5%、3σ内に収まる確率は、99.7%といわれています。

また、ボリンジャーバンドは、大きく分けて3つの場面に分けることができ、それぞれの場面は、スクイーズ、エクスパンション、バンドウォークと呼ばれています。

スクイーズとは、バンド収縮して集まっているときのことで、あまり値動きをしないレンジ相場によく見られ、トレンド発生までのエネルギーチャージの時間になります。

エクスパンションとは収縮しているバンドが外側に発散するときのことで、レンジ相場からトレンドが発生するときによく見られ、大きく値動きをするため、このタイミングでうまくトレードできれば大きな利益につながることが多いです。

バンドウォークとは、バンドが発散しトレンドが発生しているときに、ローソク足が1σと2σの間で値動きをすることをいい、上級のトレーダーになるとこのσ内の値動きでも利益を上げることができるそうです。

POINT

・ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で構成される指標

・ローソク足は99%の確率でボリンジャーバンド内に収まる

・エクスパンションでは大きな利益が期待できる

では次に、ボリンジャーバンドの使い方について見ていきましょう。

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドは、多くの投資家たちには逆張り手法の指標として使われていますが、ボリンジャーバンドの生みの親であるジョン・ボリンジャーは、順張り手法で使用することを推奨しています。ここでは、その両方について説明します。正直どちらを使用するかは好みの問題だと思いますので、トレードをするなかで自分に合った方法を見つけていきましょう。

順張り手法におけるボリンジャーバンドの使い方

順張り手法でボリンジャーバンドを使用する場合は、エクスパンションなどのトレンド発生時に、トレンド方向にエントリーすることで大きな利益を狙います。

エントリーするタイミングは、ボリンジャーバンドが収束している状態で、ローソク足の実体が2σの外側で確定したときであり、理由としては、2σに収まる95.5%というかなり高い確率を無視するほど大きな値動きをしている=トレンド発生と見なすからです。

利確するタイミングは、ボリンジャーバンドが収束に向かい始めるところで行います。ボリンジャーバンドは、エクスパンションをした後、トレンド方向とは逆のバンドから収束し始め、その後トレンド方向のバンドも収束します。この2つが利確ポイントであり、どちらで利確しても構いません。確実に利益を上げたいのであれば、一回目の利確ポイントで、全てまたは一部を利確する方が良いでしょう。

逆張り手法におけるボリンジャーバンドの使い方

逆張り手法でボリンジャーバンドを使用する場合は、ローソク足が2σ内に収まる確率が95.5%という特徴を考慮し、ローソク足の実体が2σのラインに触れたときに、相場の流れに反してエントリーします。

しかし注意する点として、この逆張り手法は、エクスパンションなどのトレンド発生時には2σのラインに触れてもバンドウォークをしそのままトレンド方向に進むことが多いため、主にスクイーズなどのレンジ相場で使用することが望まれます。そのため、エントリーポイントは多いですが、一回のエントリーでとれる利益幅は小さくなります。

初心者は順張り手法がおすすめ!!

初心者の方は、利益を上げたいという気持ちだけが先行していまい、根拠のないエントリーのし過ぎ(ポジポジ病)になることが非常に多いです。根拠のないトレードは、たとえ勝ったとしても自分のためになりません。確実に利益を上げるためにも、初心者の方は比較的動き方がわかりやすいトレンド相場での順張り手法をおすすめします。

ツールバーへスキップ