バイナリーオプション初心者講座~ローソク足ってなに?

バイナリーオプションで取引をする際に、チャートという為替の値動きを示したグラフのようなものを見て予想をするのですが、そのときに最低限知っておかなければならない知識としてローソク足というものがあります。

このローソク足は株やFXなど投資においてすごく重要な知識であるので面倒くさがらずに覚えておきましょう!

まず、文章だけで読んでいてもわかりにくいと思うので、ローソク足とはどのようなものか見てみましょう。

このいっぱい並んでいるローソクのような形のものをローソク足といいます。

では、このローソク足は何を意味しているのでしょうか?

まず、ローソク足には一定時間において為替が上昇したことを示す陽線と下降したことを示す陰線があります。

ここでは赤いローソク足が陽線、青いローソク足が陰線です。

陽線の場合、ローソク足の底は一定時間の始まりにおける値(始値)、ローソク足の頂は一定時間の終わりにおける値(終値)を表しています。

陰線の場合は、陽線とは逆で、ローソク足の頂が始値、ローソク足の底が終値を表しています。

そして、上や下から出ている線(これを上ヒゲ下ヒゲといいます)は一定時間の間の為替のもっとも高い値(高値)と最も低い値(安値)を示しています。

つまり、一つのローソク足には始値終値高値安値為替が上昇したか下降したかの5つの情報が詰め込まれているということになります。

非常に重要であることがわかりますよね?

まずはこのローソク足に早く慣れるように頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ