バイナリーオプション初心者講座~一目均衡表ってなに?

バイナリーオプションで稼ぐために知っておきたいテクニカル分析の一つとして、一目均衡表というものがあります。

この一目均衡表、実は細田悟一という日本人によって考案されたもので、細田悟一のペンネーム「一目山人」からこの名前が付いたそうです。

日本人が開発したテクニカル分析ですが、海外でも非常に人気のあるテクニカル分析です。

まず、最初に一目均衡表とはどのようなものなのかを見てみましょう。

見てわかるように、ローソク足のほかに5本の線があり、これらはそれぞれ、基準線転換線先行スパン1先行スパン2遅行スパンと呼ばれています。

では一つ一つ説明していきましょう。(線と文字の色は対応してます)

基準線過去26日間の高値と安値の中間値

転換線…過去9日間の高値と安値の中間値

先行スパン1…基準線と転換線の中間26日先に記入したもの

先行スパン2…過去52日間の高値と安値の中間値を26日先に記入したもの

遅行スパン…当日の終値を26日過去に記入したもの

正直、これら5つの線が何なのかわからなくても、使い方さえわかっていれば大丈夫なので安心してください。

まず、一目均衡表を使用するうえで最も大切だといっても過言ではない、というものについて説明します。

とは、先ほど説明した先行スパン1先行スパン2で囲まれた領域のことで、上のチャートだと水色と黄緑の縦線で表されている領域のことです。

雲は、ローソク足との位置関係で為替の値動きを予測することができます。

ローソク足が雲の上にあるとき、為替は上昇トレンドである傾向が強く、ローソク足が雲の下にあるとき、為替は下降トレンドである傾向が強いです。

また、雲には、厚いと突き抜けにくく、薄いと突き抜けやすい性質があり、ローソク足が雲を突き抜けると、突き抜けた方向に勢いを増して上昇または下降します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ