善は急げ!思い立ったが吉日!なりふり構わず仮想通貨購入

*この記事は2017年6月頃の僕の仮想通貨の体験談です。

さて、時はさかのぼること2017年6月×△日、風の噂から「あいつビットコインってゆうのでめっちゃ稼いだらしいぜ!!」と”ビットコイン”という単語と”稼いだ”という単語を同時に聞きつけた現金な僕は家に帰るなりすぐさまgoogleに”ビットコイン 稼ぐ”と検索をかけました。笑

昔から行動が第一に来る僕は知識と呼べる知識もないままにコインチェック,Zaifに口座を開設し、仮想通貨投資への扉を開けました

口座を開設したものの原資が無い、、、

そう、大学生はなにかと金欠なのです、、しかし一度やりたいと思ったことはやってみないと気が済まない僕は何をしたかというと、、、

休日を返上し新幹線で何時間もかかる実家へと帰り両親に土下座までし、一年以内に返す。という約束のもと60万円このブログのタイトルにもなっているように奨学金1年分のお金を借りることができました。

なぜこんな大金を用意したかったかというと仮想通貨はもちもん少額から始めることができるのですが、やはり大きな利益を得るためにはそれなりの元手が必要だと思ったからです。

そしてこの60万円を取引所に入金して仮想通貨を購入した訳ですが、噂をききつけた仮想通貨に関して何の知識も無い僕が何を購入したかというと、、、??

ゴールデンウィークに上がったという理由だけで、NEM(XEM),リップル(XRP)を購入。

なんか名前かっこいいし上がりそう??というだけでコインチェック銘柄のZcashを購入しました。

、、、(笑)ほんとにどうしようも無い理由ですよね(笑)

さて、こんな自分はなんの根拠ももたず、ましてや購入するタイミングなんて考えるなんてするわけも無く購入した仮想通貨ですがこのあとどのように値動きしたのか、下の画像をご覧ください!!(矢印がついてるところが購入日)

こちらがリップルです。

明らかに買うタイミングを間違えてますよね(笑)

これがZcashですね。

こちらも明らかに高いところでかってしまってますね(笑)

最後にこれがNEMです。

これもうすこし安いところで変えてたら、、と思ってしまいますよね。

仮想通貨を始めるとき僕は完全に短期的に利益が見込めるものだと馬鹿みたいに勘違いしていました。(笑)

その分日に日に減っていく資産を見て日々ずいぶんと落ちこんでいた記憶があります。

このときの反省点をまとめると、、

人から勧められたから、上がると聞いたからといった漠然とした理由で購入するのでは無く、その通貨について正しい情報をできるだけ集めその上で購入する根拠を持てた通貨にのみ投資する。

また適当なタイミングで購入するのではなく、できるだけ安価で購入する。

どちらも当たり前のことですが、欲しい通貨の価値が上がり続けているときなどは特にこのままどんどん価値が上がっていって二度とこの値段では買えないんじゃないか?と考え短期的にはほぼ価値が上がりきっているにも関わらず焦って購入してしまうといったことは僕の周りでもよく聞きます。そうゆうときはその通貨がそこからさらに上がるような情報があるかを冷静に考えてから投資することが大事ですね!!

長期的に大成長する相場でも短期的には上がって下がっての繰り返しです。

さてこの続きは次の記事で!

今の仮想通貨市場は短期的に見れば下げていますが、まだまだ成長過程の市場です、きっとまた大きな上昇は訪れるはずです!次のチャンスを逃さないためにも、仮想通貨の投資に興味がある、またこれから始めようと思っているかたはなるべく早く取引所の登録を済ませておきましょう!

下に登録しておくべき取引所のリンクを貼っておきます!

(URLクリックまたは広告のクリックで登録サイトまでいけます。)

Zaif 取引所 (手数料が他の日本の取引所に比べてかなり安くておすすめです)

Coincheck 取引所(NEM流失事件で問題になりましたが、アルトコインのとり扱いが豊富でとても使いやすいです。)

ビットコイン取引所ならCoincheck強固なセキュリティと圧倒的な分かりやすさで取引高・アプリ利用者数No1!※1※2話題のRipple(リップル)やNEM(ネム)などオルトコインの最新価格情報も一目で分かります。※1 Bitcoin日本語情報サイト調べ(2017年 日本の年間BTC現物取引高)※2 2017年8-1

biiflyer (世界トップクラスのセキュリティを誇る取引所です。)

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

ツールバーへスキップ