仮想通貨投資を始める際知っておくべき危険5選

様々な手法の詐欺

仮想通貨はそれ自体が詐欺だと言われていた時代から日本の法律でも通貨と認められ(現時点でホワイトリストに入っている一部コイン)世間の認知もかなり広がりましたが、世間に広く広まった今仮想通貨を利用した詐欺が横行しています。今回はその詐欺の手口の一部を紹介します。

少額のコインを送ってくれたら多額のコインをプレゼントします。

これはTwitterなどのSNSを利用した詐欺の一つで、例えば0.02BTCを送ってくれたかた限定に1BTCをプレゼントします。という文章に記念日だからとか日々の感謝の印になどその行為の胡散臭さを少しでも消すような理由を添えてつぶやくといったものです。有名人の模倣アカウントを作ってつぶやくというパターンが多いみたいです。普通そんなのに騙される???と思いますがそれでもかなりの被害が出ているようで人間とは欲望を刺激されることにこうも弱いのかと痛感します。

偽取引所のログイン画面

これはフィッシング詐欺(偽サイトの利用により発生する詐欺)の一種で、世界有数の規模の取引所Binaceやビットレックスなどでも被害が出ました。

本物のBinanceそっくりの偽サイトがつくられそこにログインパスワードとIDを入力してしまうと資産が根こそぎ持って行かれますしかもそのサイトはグーグル検索で普通に出てくるサイトでサイトのURLもかなり似ていて非常に巧妙な手口でかなりの被害に遭った方もいるようです。公式サイトをブックマークしておくなどの対策が必要ですね。最近は偽アプリなども作られているようなので注意が必要です。

二段階認証をせずに取引所に通貨を保存

仮想通貨を購入する時まず取引所に日本円を入金し取引所にて通貨を購入します。その通貨を取引所のウォレットに保管しておくことは可能なのですが、その通貨のウォレットを作りそこで保管するのが絶対一番安全です取引所はハッキングの的になりやすいことに加え、その取引所が倒産してしまうといったリスクも存在します。(コインチェックのネム流出事件はそのいい例です。幸いにもコインチェックは倒産せず資産も戻ってきましたが。)

しかしどうしても取引所のウォレットに置いておく際は最低限二段階認証だけはしておきましょう。ビットフライヤーでは不正円出金の際の保証制度が存在しますが、二段階認証をしているかしていないかで保証金額が大きく違います。

二段階認証とは
二段階認証とはGoogleアカウントの二段階認証プロセスを使用してログイン時のセキュリティを強化する仕組みです。

安易なICOへの投資

まず最初にICOについて説明します。

ICOとは?
ICOとはInitialCoinOfferringの略称です。 暗号通貨(仮想通貨)を利用した資金調達手段の事です。出資者は企業や個人などに仮想通貨を送る代わり、独自の通貨の値上がりや何らかのサービスの利用をリターンとして受け取ることになります。

ICOは公開前の通貨の購入が出来るため、その通貨が値上がりすれば莫大なリターンを得られる反面、実態のない資金集めだけが目的の詐欺通貨に投資してしまうリスクや、そのプロジェクトの失敗により買った通貨の価値がなくなってしまうといったリスクがあります。

ICOの見分け方

ICOへの投資はとてもハイリスクでハイリターンです。皆さんの中にはハイリターンを求めてICOへの投資をしてみたいという方もいらっしゃることでしょう。そこで少しでもICO投資で失敗しないために投資先を見分ける基準を提示したいと思います。

ICO投資を始める際にまず最初にすることは出資先のホワイトペーパーを確認することです。中にはホワイトペーパーを発行すらしていないものも存在します。そういったものへの投資はおすすめできません。

ホワイトペーパーとは?
ホワイトペーパーとは、そのICOのプロジェクトがどのようなものなのかが記載されている文書です。投資家にプロジェクトの構想や利用する技術などを知ってもらうためのものです、しかし書かれている内容はあくまでも計画というもので100%実現される事を保証するといったものではありません。

こんなICOには気をつけろ!!!

1.ソースコードが非公開

基本的に仮想通貨のソースコードは一般公開されているものであり、これが公開されていないということは開発すらされていない、他の仮想通貨の完全コピーであるなど最悪の場合も考えられます。

2.明らかに投資条件がおかしい

ICOはネット上ですべての事が出来るようになっているにも関わらず、個別でしか販売できない。

「確実に値上がりします。」「1000倍案件です。」などなぜか値上がりを保証しているもの。

1口あたりの最低購入額が高額なもの。

いかにもネズミ講的な早く投資した人ほど高く配当を受けられます、などは詐欺通貨の可能性が高いといえます。

他にもまだまだありますが詐欺をする側はあの手この手で巧妙に我々を騙してきます、誰もが自分だけは大丈夫と思っていますが実際に僕の周りにも悪質な手口で大切な資金をかすめとられたというような人は存在します。くれぐれも他人事だと考えずに細心の注意をはらってICO投資に臨んでください!!

情報収集せずに通貨を購入

初心者の方は仮想通貨を購入する際にどれを買ったらいいのかなにを基準に選べばいいのかまったく分からないと思います。先ほどのICOや草コイン(時価総額の低い通貨)などへの投資は非常にハイリターンではありますがそのリスクも非常に大きいです。ですがもしあなたがハイリターンを求めて草コインを購入したいのであればホワイトペーパーや公式サイトなどからできる限り情報を集めましょう。

しかし初心者のうちは知識不足のためホワイトペーパーなどを見てもよく分からない事の方が多いと思います。やはりできるだけリスクを避けたいというのであれば初心者のうちは日本のホワイトリスト入りしている通貨を購入することをお勧めします。日本の金融庁が通貨として認めているコインですので少なくとも開発者が通貨を逃げ売りして価値がほぼゼロになるといったようなリスクは少ないと思います。以下の章でホワイトリスト入りしている通貨のみを取り扱う取引所を紹介します。

取引所の選びかた

以下にホワイトリスト入りしている仮想通貨取引所の登録サイトへのリンクを貼っておきます。僕のおすすめはなんといってもビットフライヤーZaif取引所がおすすめです!!どちらもテレビCMなどで一度目にしたことがあるかとおもいます!!
(URLクリックまたは広告のクリックで登録サイトまで)

Zaif 取引所 (手数料が他の日本の取引所に比べてかなり安くておすすめです)

https://zaif.jp?ac=0uej8fw1vn

biiflyer (世界トップクラスのセキュリティを誇る取引所です。)

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ツールバーへスキップ