ブロックチェーンって結局何??あなたはちゃんと説明できる??

Finace(金融)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語である「Fintech(フィンテック)」という言葉を皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。

仮想通貨もそのフィンテックの一つで、その核となっているのがブロックチェーン技術です。本屋に行くと「ブロックチェーン革命」みたいなタイトルの本が置いてあったり、メディアでも今の金融形態を変えるかもしれないとかいうニュースがやっていたり、とにかく世間の注目を集めている技術ですが、正直ブロックチェーンってすごいのは分かったけど実際なんなの??といまいちピンと来ていないかたも多いと思います。僕の友人の中にはブロックチェーンは仮想通貨の別名と思っている人さえいました。

そこでブロックチェーンとは何なのかを初心者の方にも分かりやすいように丁寧に解説していきたいと思います!

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン技術は、ビットコインを開発したナカモトサトシ氏が開発した技術で、分散型ネットワークです。もっとわかりやすく説明すると、ブロックチェーンの説明の際によく使われる例えなのですが、ブロックチェーンとは台帳のようなものです。

台帳とは?
台帳とは、金融系の場で商店や企業の売買額や賃金などを記録しておく帳簿を意味します。

なぜ台帳に例えられるの?

それはブロックチェーン技術が実現したネットワークは、言葉通り取引の情報を保存しておくブロック(帳簿)がチェーン上に連なってできているからです。

つまり、ブロックチェーン技術をもってして作られている通貨のビットコインではその通貨で行われた取引の履歴がブロックチェーン上のブロックに保存されるということです。

これは理論上改ざんは不可能であるので、いちいち帳簿をつけないでも勝手にブロックチェーン上にデータとして保存されるのでそのデータの信憑性もあり、革新的な台帳技術と言われています。

次はブロックチェーンを支える技術について解説していきます!

P2Pネットワーク

ブロックチェーンの取引の履歴をブロックに書き込む(トランズアクションを処理する)にはPCの計算力が必要です。

この計算力はネットワーク参加者のpcパワーを少しづつ借りて賄っています。

ネットワーク参加者はその提供した計算力に対する報酬をもらうことができます。

これによって、ブロックチェーンが成り立っています、万が一にもネットワーク参加者のPCが全部壊れるということがあればブロックチェーンは崩壊しますが、その可能性は限りなく低いものでしょう。

このネットワークをP2Pネットワークといいます。

取引承認アルゴリズム

ブロックチェーンのデータに信憑性があるのはこのシステムのおかげです。

これには様々な方法がとられており代表的な方式だと取引承認前に重たい計算をさせるProof of Work、通貨保有量によって承認権が与えられるProof of Stakeなどがあります。

取引承認アルゴリズムとは、ブロックに格納されているデータの整合性を確かめる方法のことです。

これによって、間違ったデータや不正なデータがブロックチェーンに保存されてしまうことを防ぎます。

具体的な仕組みについてはこちらから!

PoWとかPOSっていったい何??

ブロックチェーンの今後

最初はブロックチェーン技術を使った仮想通貨はビットコインのように通貨としての役割のみをもつものでしたが、ビットコイン2.0と呼ばれるブロックチェーン技術を応用した通貨以外の機能、役割を持たすことを目的とした次世代の仮想通貨が出てきています。

ブロックチェーン技術は様々なことに応用が利き将来がとても期待されています。今後の仮想通貨の発展が楽しみですね!!

以下に僕が面白いと思ったプロジェクトを持つビットコイン2.0と呼ばれる仮想通貨の記事をいくつか紹介します。

世界初のブロックチェーンスマホを開発する仮想通貨SRN

超有名サッカー選手メッシがCM!仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token)

アメリカなどの銃社会において銃管理システムを構築する仮想通貨TRGI

NASAも注目!!銃に関する仮想通貨TRIG(Trigger)とは??

デジタル資産の管理、公開サービスを提供する仮想通貨POE

デジタルクリエイティブ資産を守る!仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)について解説!!

ツールバーへスキップ