大学生は仮想通貨についてどう思ってるの?国立大学に通う僕が感じるビットコインの認知の広がり

こんにちは!!2017年6月から仮想通貨投資を始めた首都圏の国立大学に通っている大学生です!!2018年も一月が行き、二月が逃げ、気づけばもう三月です。なんとまあ時間が経つのは早いものです。さて、今年も早三ヶ月が経としているわけですが、コインチェックの流出事件やZaifのテレビCMなど世間への認知を広める出来事が多かったように思います。そこで今回は僕の周りでの仮想通貨の認知の広がりについて書いていきたいと思います!!

大学内のビットコインの広がり

こんなブログの主である僕ですが意外や意外大学での交友関係はかなり広いと自負しております。(笑)何百人と知り合いがいて、ほんとにいろいろな人と話します。その会話の中でどれくらいビットコインというワードが出たか、みんながどんなイメージを持っているのかを時系列表でまとめていきます。

友人たちの認知度
2017 5月頃のビットコインアルトコイン爆上げ この時期からちらほら会話の中でビットコインというワードが出てくるようにになり”知る人ぞ知るビットコイン”という印象でした。
2017 6月~11月 価格が停滞していたためか特に学内でビットコインについての認知度が高まっているという印象はありませんでした。
2017 12月からのビットコイン200万突破からのアルトコイン爆上げ期 この時期には大学の授業でビットコインについての講義が行われたり、実際に仮想通貨で儲けた人の口コミなどで”かなり広まっている”という印象を受けました。
コインチェックの流出事件 500億円という数字のインパクトが大きかったのか。事件でほんとに急激に認知度が高まったように感じます

僕の交友間係はそこそこ偏差値も高い国立大学生たちなのでこれをが世間全体の認知度と同じとは言えないでしょうがそれでもビットコインはかなり世の中に知られてきたと思います。そこでみんながビットコインについてどんな印象を持っているか気になり大学の友人にアンケートをとってみました!!

大学の友人にアンケート!

大学の友人20人に「ビットコインについてどんな印象を持っているか」についてアンケートを行いました。その結果がこちらです!

といった結果になりました、やはりnem流出事件で仮想通貨を知ったという人が多いみたいですね。「稼げると聞いた」と答えた人はきっかけがあれば始めたい、という感じの印象を受けました。またその中でも東京オリンピックまでにあがるって聞いた!と答えた人が多かったです。多くの人が長期的な目線での成長を確信していると言うことですね!

いかがでしたでしょうかデータ元が偏っているかつデータ量が少ないアンケートですが少しでも参考にしていただければと思います!!

これから仮想通貨投資を始める方へ

仮想通貨を購入するためにはまずは取引所の開設が必要です!仮想通貨を始めるなら登録しておくべき取引所へのリンクをはっておきます!!また様々な事態に柔軟に対応できるよう取引所は複数登録しておきましょう!

みなさんもCMなどで一度は目にしたことのある取引所だとおもいます!
(URLクリックまたは広告のクリックで登録サイトまでいけます。)
Zaif 取引所 (手数料が他の日本の取引所に比べてかなり安くておすすめです)

Coincheck 取引所(NEM流失事件で問題になりましたが、アルトコインのとり扱いが豊富でとても使いやすいです。)
https://coincheck.com/ja/?c=lH63GKDDbzo

biiflyer (世界トップクラスのセキュリティを誇る取引所です。)

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

ツールバーへスキップ