2018年1番期待できる!?草コインの購入によく使われるDOGECOIN(ドージコイン)について調べてみた。

2017年の仮想通貨バブルから、仮想通貨市場は大きく成長しており、世界中の開発者によって現在も日々いろいろな仮想通貨が生まれています。現在、仮想通貨の種類は1000種類以上あるともいわれ、その通貨の多くは、”草コイン”といわれる本当に価値があるのかわからないような通貨や、”ネタコイン”といった開発者が面白半分で作ったような通貨です。今回は、そのような通貨の中でも、世界中の人から人気があり、いろいろな場面で使用されているDOGEコインについて紹介します。

DOGEコインとは

DOGEコインとは、ビットコインやライトコインの仕組みをベースとした仮想通貨であり、名前の通り犬をモチーフにしたコインです。DOGEとはの犬を意味するDOGのスラング(方言)のことで、名前からも面白半分で作ったことが感じられますね。

・DOGEコインの基本情報

通貨単位 DOGE
発行上限枚数 なし
取引承認アルゴリズム PoW
開発者 Billy Markus
公式サイト 公式サイト

DOGEコインの特徴

DOGEコインは、他の仮想通貨に比べ、そこまで開発が進んでいるわけでもなく、特にこれといった特徴はありませんが、それでも多くの人に人気があるのには理由があります。その理由について見ていきましょう。

草コインの購入のための通貨

草コインの多くは、1円以下で買えるものが多く、ビットコインなどの価値が高い通貨で購入するよりも、価格の差があまりないDOGEコインで購入したほうが安く購入することができます。というのも、ビットコインには1satoshi(1億分の1円)という最小単位が決められており、1satoshi以下の草コインを購入したい場合も1satoshi払わないといけなくなってしまいます。もちろんこれはもったいないですよね。そこで草コインの購入によく使われる通貨がDOGEコインなのです。いわゆるDOGE建てというやつですね。XP/DOGEとかそういうやつです。

マイクロペイメント(少額決済)に便利

マイクロペイメントとは、電子決済の中でも数円から数十円の少額決済のことで、インターネット上でデジタルコンテンツを購入するなどの手段として将来期待されています。現在では、クレジットカードのように決済手数料が数百円もかかってしまうため、マイクロペイメントは現実的ではありません。しかし、DOGEコインなどの比較的価格が安い仮想通貨だと、決済にかかる手数料も少なくて済むため、マイクロペイメントに使用されることが期待されているというわけです。また、DOGEコインはブロック生成時間が約1分(ビットコインは約10分)であり、高速で決済を処理することができるため、よりマイクロペイメントに向いているといえるでしょう。

実用性がある

草コインやネタコインでは、面白さや期待が先行し、実用性がないのにもかかわらずそのコインの価値以上に評価されていることが非常に多いです。DOGEコインも面白半分で作られたような通貨ですが、先ほど紹介した草コインの購入やマイクロペイメントなど実用性は十分にあります。過去には、2014年のソチ冬季オリンピックへの出場資金の寄付に使用されたり、ある起業家が別荘を売りに出す際に使用されたりしています。また、現在でも、Doge Marketというコミュニティにおいてドージコインで商品を購入できたりと、意外にも多くの場面でDOGEコインが使用されているのです。あまり新しい開発は進んでいないみたいなので、技術的な部分での成長はあまり期待できませんが、こういった実用例をみると本当に多くの人から人気があるのだと感じます。

2018年末に50倍に!?

イギリスのフリーペーパーを発行しているCity A.M.の4月9日の記事によると、2018年も仮想通貨の価格は上昇を続け、その中でも一番上昇率が高い通貨がDOGEコインと予想されています。2018年4月の予想で、DOGEコインは2018年末までに5838%の上昇、つまりおよそ58倍になると予想されているということです。ただ、DOGEコインの価格がそこまで上昇すると、価値が低いことで可能とされていたマイクロペイメントなどの特徴が失われてしまうのではないかという懸念もあるでしょう。

DOGEコイン購入の仕方

DOGEコインは現在、Bittrex、Poloniex、HitBTC、Cryptopiaで購入することができます。

DOGEコインが購入できる取引所

・Bittrex

・Poloniex

・HitBTC

・Cryptopia

※国内取引所では取り扱っていないため、海外の取引所での購入となります。

購入の流れとしては、国内取引所でビットコインなどの通貨を購入し、海外取引所へと送金します。その送金した仮想通貨でDOGEコインを購入という感じです。

海外取引所での仮想通貨購入の流れ

このように、DOGEコインに限らず海外取引所で仮想通貨を購入するときは、まず国内取引所で通貨を購入しないといけないため、国内取引所の口座を持っていない方は作っておくことをおすすめします。

おすすめ国内取引所

メールアドレスとパスワードだけで簡単口座開設。最短3分で終わります。

ビットフライヤー

初心者におすすめ国内大手取引所。最大レバレッジ15倍のビットコインfxも魅力。

コインチェック

スマホアプリが見やすく使いやすい。人気アルトコインのリップル(XRP)が購入可能!!

Zaif

取引手数料国内最安!!人気アルトコインのネム(XEM)や独自トークンが購入可能。

まとめ

草コインやネタコインといった価格が安い仮想通貨は、購入する際のハードルが低いこともあり、話題性や期待だけで一気に価格が上がり大儲けなんてこともあるでしょう。しかし、開発途上のコインであるため、その通貨が気づいたらなくなっていたなんてこともあります。そうならないためにも、草コインやネタコインを購入する際は、SNSやネット上の書き込みだけで判断せず、そのコインの公式サイトやホワイトペーパーをしっかり読んでから購入するようにしましょう。

ツールバーへスキップ