仮想通貨ネム(XEM)流出事件について調べてみた。

2018年1月26日、仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)で、仮想通貨ネム(Xem)の流出事件が発生しました。今回はその流出事件の概要とその後の対応についてまとめました。

コインチェックネム流出事件の概要


まず、コインチェックで起きたネム流出事件の概要についてご紹介しましょう。

・1月26日午前11時頃、コインチェックが持っているほとんど全てのネムが流出していることが分かった
・1月26日午後0時7分、ネムの入金を止める
・1月26日午後0時38分、 ネムの取引を止める
・1月26日午後0時52分、 ネムの出金を止める
・1月26日午後4時33分、日本円などの通貨の全ての出金を止める
・1月26日午後5時23分、扱っているアルトコインの全ての取引を止める
・1月26日午後6時50分、ペイジー、クレジット、コンビニの入金を止める
・1月26日午後11時30分、コインチェックが日本証券取引所で緊急記者会見
・1月27日午後11時、流失したネムを日本円で補償することをコインチェックが発表
・1月28日午後1時20分、扱っている日本円以外の全ての通貨の入金を止める

なお、2月2日に金融庁がコインチェックに立入検査を行いました。

再度取引を始める場合には、万全のセキュリティーを整えることが必要です。

このようなことから、再度アルトコインの売買が始まるのはさらに先になるのではないでしょうか。

流出したネムの補償


・流失したネムは、5億2300万Xem(約580億円相当)
・ネムを持っていた人は約26万人
・補償する方法は、ネムを持っていた全ての人に対してコインチェックウォレットに日本円で返還
・ネムを補償する価格は1Xem=88.549円
・ネムを補償する時期は検討中
・ネムを補償する資金はコインチェックの自己資金

ネムを補償する価格は流失した時のものでなく、流出した後に取引を止めてから今回の発表までの期間に、Zaif(ザイフ)の取引所での売買をベースにした重みつき平均になります。

ネムの流失直前は価格が100円程度だったのですが、流出発覚から取引停止までに価格が下がってしまったため、補償される価格は日本円でおよそ88円となるそうです。

また、ネムを補償する時期は現在検討中だそうで、正式な日付が決まり次第報告があるみたいです。

補償する資金については確定しており、全て自己資金でまかなうそうです。すごい資金力ですね…。

補償は利確扱い?


補償額より安い時点からXemを持っている場合は注意が必要です。

というのも仮想通貨は保有している分には税金は発生しませんが、日本円やほかのアルトコインに変えた時点で利益が出てれば税金の対象になるからです。

今回、流出したネムの補償を日本円で行うということで、保有しているネムが日本円に換金されたとみなされれば、場合によっては税金が発生します。

しかし、利益ではなくあくまでも補償であるため税金の対象にならない可能性もあります。

無駄に税金をとられてしまわないように、このことについては今後どうなるのか注視しておきましょう。

Xem財団の行動


今回の事件が発生した後、Xem財団というネムを開発したグループが、流失したネムの調査を始めました。

ネムを不正に流出させたアカウントのウォレットにマーク付けをおこなって、ネムの調査をしているようです。

また、このアカウントから送金されたアカウントにもマーク付けをおこなって、ネムをマークがあるウォレットから売買しないように、それぞれの国の取引所に連絡したようです。

コインチェックとXem財団もお互いに連絡して、対策について話し合いをおこなっているようで、Xem財団の今後の動向にも注目が集まっています。

コインチェックのネム流出事件後の動き


仮想通貨の自主規制団体は、従来は2つありましたが、今回の事件後に1つになりました。

このため、自主規制としては統一されたものになり、安全性はさらに高まるでしょう。

新しい自主規制団体には、再度このような事件が起きないように努力して欲しいものです。

まとめ


今回は、コインチェックのネム流出事件についてご紹介しました。

コインチェックを利用している人は、今回の事件でものすごく怖い思いをしたと思います。また、コインチェックを利用していない方も、仮想通貨の暴落により、少なからず影響は受けたでしょう。

今回の事件により、ほとんどの仮想通貨は一時的に価格が下がりましたが、それでも価格は回復してきています。仮想通貨のポテンシャルを感じますね。

これからは、このような流出事件の被害にあわないように、ウォレットなどを準備する必要もあるでしょう。

後悔しないためにも、仮想通貨への投資は余剰資金で行い、自分の資産は自分で守りましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ