Bitcoin爆上げ!!世界三大投資家の参入検討などが要因か??

上の画像はコインチェックのスマホアプリの1時間足のロウソク足チャートです。ご覧のとおり1時間で10万円もの暴騰を見せています。2018 1月中盤からバブル崩壊を始めその後長い長い低迷を続けていた仮想通貨市場でしたがやっと春の一番風が吹いたというところでしょうか?ちなみにこの記事を執筆している今も価格は上がり続けており、筆者も心臓のバクバク音が止まりません。笑

毎年仮想通貨市場は1月中盤から下降トレンドには入り低迷を続け、四月中盤から上昇トレンドに入るといった流れを繰り返しています。これには大国アメリカの確定申告の期限が4月中盤であることが関係しています。しかし、今年のアメリカの確定申告は4,17でちょっと上げ始めるのはやくない??なんで?仮想通貨ホルダーの僕は嬉しい反面頭の中がはてなマークでいっぱいになりました。そこで、twitterなどを活用しなぜなのか理由を調べてみました!!

原因 1

テクニカル的に上がる場面だった。

一目均衡表を見てみるときれいに雲の薄いところをぶっち抜いています。長い間突破できなかった雲をぶち抜いたことで、買いが集まったのでしょうね。

原因 2

世界三大投資家のソロス氏や世界的財閥であるロックフェラー氏、ロスチャイルド氏が仮想通貨市場への参入を検討していることを明らかにしました。現時点での仮想通貨市場の規模を考えると超大口の参入で爆発的に価格上昇が期待できるのでかなりの好材料といえますね!

原因 3

この情報は正しい情報かどうかはっきりしないのですが、ドイツ政府がビットコインを個人紙幣として認め個人、企業の決済手段として認める。というニュースを発見しました。

これがもしほんとなら仮想通貨市場に強烈な追い風が吹きますね!

今回の爆上げから勢いにのり去年のようにまたバブル市場となって欲しいものです。

また外国人投資家のなかでこんな画像が話題になっているそうです。

仮想通貨の値動きの予想みたいなものでしょうか、過去のチャートと照らし合わせると今がSuccessfultestと140%retrocenentの間のようですね。実際にこの表のようにいけば次のバブルでビットコインは300万円まであがりその後大きな下落ということになります。しかもまた100台まで落とされるみたいですね。この表を鵜呑みにするという訳ではありませんが、次のバブルは売り時をしっかり見極めることガ重要になってきますね!!

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ツールバーへスキップ