デジタルクリエイティブ資産を守る!仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)について解説!!

さて皆さん、昔はその意味すら分からないという人さえいたインターネットですが近年普及は急激に進み今ではネットを使ったことのない人を探す方が難しいでしょう。ネットの普及に伴い様々なネット上で起こってしまう犯罪が問題視されていますが、今回の話題に上るのは著作権問題にまつわる仮想通貨です。著作権を侵害され作品を奪われるというのは日々の血のにじむような努力と持ち合わせた才能で作品を作り出しているクリエイターにとって非常に許しがたいことであり、得られるはずの収益も奪われてしまい才能あるクリエイターの未来も潰してしまいます。ネット上の著作権を守るためにはそのための優れた仕組みが必要となってきます。POEはその仕組みを作るための仮想通貨です。

POE(Po.et/ポーエット)とは??

POE(Po.et/ポーエット)の基本情報

以下に簡単に通貨の概要をまとめます。(時価総額、価格などは上のコインマーケットキャップ参照)

発行枚数上限 約31億枚(上限分すべて発行済み
ブロック生成スピード 約10分
取引承認アルゴリズム PoE(Proof of Existance)

POEは2017年8月に発行されたビットコインのブロックチェーンを利用したプラットフォーム系の仮想通貨で、プラットフォーム名をPo.etそこで使われる通貨をPo.etトークンといいます。POEのプロジェクトを簡単に説明するとクリエイターに、作った作品の盗難防止や様々な目的のため簡単に管理できるシステムや管理する作品の売買や公開などの基盤を提供するといったものです。それではそのシステムの具体的な仕組みやそこで生まれるメリットを以下で解説していきます。

Po.etの管理システムClaim

Po.etプラットフォームの作品を管理するシステムをClaim(クレーム)といいます。

このシステムは、

作品(画像、論文、音声など)のデータをハッシュ関数を用いて暗号化し、ビットコインのブロックチェーンにおくる、そこで承認されればセキュリティに優れるブロックチェーン上で管理されるといった仕組みです。

承認にかかる時間はビットコインブロックチェーンを利用しているのでたった10分で終わります。(従来の仕組みではライセンス認証にいろんな書類を書いたりいろいろ手間がかかる)

この仕組みの優れているところはその承認の仕組みにあります。

承認アルゴリズムProof of Existance

Po.etはProof of Existanceという取引承認アルゴリズムを採用しています。直訳すると存在の証明となります。その仕組みを順を追って説明していきます。

この承認方法の一番のポイントは、送られた作品のデータをハッシュ関数を利用して暗号化したハッシュ値とその作成日時(送信時)のデータ合せてブロックチェーンのブロックに格納することです。

*ハッシュ値について

ハッシュ値→元のデータの計算はきわめて困難ほぼ不可逆的だといえる。

また元のデータが変わるとハッシュ値も変わる。

これにより、データがハッシュ値となっているため機密データのどの漏洩も防げる。データ改ざんなどのリスクもなくなる。というメリットが生まれ、盗作にあった場合も個人で管理している元データとブロックに格納されているハッシュ値を照らし合わせ作成日時を参照することで、盗作データの承認を拒否することが出来ます。盗作か否かをデータの存在で証明すると言うことですね。

作成日時と暗号化されたデータがブロックチェーン上に存在することにより、そのデータの所有権を証明する証拠となるわけです。つまり、Po.etにデータを送ることで簡単にその作品のライセンスを証明することができるということになります。

またPo.etは管理している作品を世の中の第三者にそのライセンスとともに公開します、これによりクリエイターにとって新たなビジネスへと広がる可能性が生まれます。情報拡散手段を自ら作ることはなかなか大変なことなのでPo.etネットワークが広がればクリエイター活動の環境は大きく好転することが考えられます。

スマートコントラクト搭載

Po.etプラットフォームではスマートコントラクトという機能を搭載しています。スマートコントラクトはイーサリアムリスクなどにも搭載されている機能で、取引時に発生する契約などを自動的に行えるという機能です。

Po.etプラットフォーム上でこれを機能させると、クリエイターは作品提供などをスムーズに行う事が出来るようになり、クリエイターとしての本来の仕事に支障を来す事無く活動することが出来ます。

POE(Po.et/ポーエット)の購入方法

POEはBinanceから購入可能です。以下のリンクに登録方法をまとめていますので是非参考にしてご登録ください!!
草コインの宝庫!?世界一の取引所Binance(バイナンス)の登録方法と使い方
これは海外の取引所なので初心者の購入したい方は国内取引所からビットコインを送金して購入しましょう。国内取引所への登録がまだの方は以下から登録いただけます!

(URLクリックまたは広告のクリックで登録サイトまで)
*投資は自己責任でお願いします。
Zaif 取引所 (手数料が他の日本の取引所に比べてかなり安くておすすめです)

https://zaif.jp?ac=0uej8fw1vn

Coincheck 取引所(NEM流失事件で問題になりましたが、アルトコインのとり扱いが豊富でとても使いやすいです。)

ビットコイン取引所ならCoincheck強固なセキュリティと圧倒的な分かりやすさで取引高・アプリ利用者数No1!※1※2話題のRipple(リップル)やNEM(ネム)などオルトコインの最新価格情報も一目で分かります。※1 Bitcoin日本語情報サイト調べ(2017年 日本の年間BTC現物取引高)※2 2017年8-1
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

biiflyer (世界トップクラスのセキュリティを誇る取引所です。)

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ツールバーへスキップ