大麻やマリファナの取引に使用!?仮想通貨ポットコイン(POT)について調べてみた。

2018年、仮想通貨市場はますます拡大し、現在、仮想通貨は数千種類も存在しているといわれていますが、中には、開発が進んでいないものや、詐欺まがいのものもたくさんあります。そのような中で、今回は、大麻やマリファナの取引に使用されるポットコイン(POT)という面白そうな仮想通貨を見つけたので紹介したいと思います。

ポットコインとは?

ポットコインとは、合法的な大麻やマリファナの取引をより安全で容易にするために作られた仮想通貨であり、2014年の1月に一般公開されました。現在、1POT約12円で購入することができ、時価総額ランキングは257位とまだまだこれから成長していく仮想通貨だといえます。

ポットコインの将来性

大麻・マリファナ産業の成長

大麻やマリファナの取引と聞くと、マイナスのイメージを持つ方が多いかもしれませんが、近年では、がんやエイズの治療など、医療目的で使用されることも多くなってきており、マリファナを合法化する国や州も増加しています。

また、2017年に発表されたデータによると、大麻・マリファナ事業の売上は約7300憶円にもなり、各国でのマリファナ合法化などにより、2021年には約3兆、2026年には約5兆円の規模になることも予想されています。そのような莫大な規模の産業の一端を担うのがポットコインになれば、将来ポットコインはものすごい価値をつけることになるかもしれません。

元NBA選手の影響

ポットコインは、まだまだ世間に知られていない通貨ですが、過去には、元NBA選手であるデニスロッドマン氏がポットコインのプリントTシャツを着用していたことでも有名です。これがニュースで取り上げられた際は、ポットコインは90%も高騰しました。海外ではなじみのある分野だけに、今後もこのように有名人に取り上げられて暴騰することがあるかもしれませんね。

ポットコインはどこで買える?

現在、ポットコインは、Bittrex、Poloniex、Cryptopiaの3つの海外取引所で購入することができます。日本国内でポットコインを取り扱っている取引所は今のところありませんので、ポットコインを購入したい場合は、この3つのどれかに登録することになります。

海外取引所には、将来暴騰する可能性の秘めたコインや日本の取引所にはないコインがたくさんあるので、この機会に海外取引所に登録してみてはいかがですか?

この中でしたらアメリカの大手仮想通貨取引所である、Bittrex、Poloniexがおすすめです。

ツールバーへスキップ