みんなの治験体験談~天国のような環境で1か月生活して30万円GET!

nanoさん(30代男性)の体験談

治験の概要


治験の種類:筋肉増強剤の新薬
日数:30日間(入院)
謝礼金:30万円
場所:神奈川県

体験談


ちょうど定職から離れ、次の仕事が決まるまでの間に小銭が欲しいと思い治験に応募しました。
毎日日雇いバイトに明け暮れて疲れきってしまうという経験を過去にもしていたので、今回は生活を整えるためにも治験で生活リズムを作ろうと目論んだ次第です。
今回の投薬は【筋肉増強剤の新薬】ということもあり、規則正しい生活をする必要がありました。
リスクとしては、【男性ホルモンの増産による脱毛】【肝機能への影響の恐れ】【生殖機能への影響の恐れ】が事前に知らされていましたが、アナボリックステロイドよりも安全性の高いことが分かっていたのでそれほど危険性の高い薬ではないという判断をしました。
製薬会社との契約書を結び、治験による後遺症が現れた際にはその後の影響の観察のために治療費なども相手が持つということで、その後の生活への心配もこの時点でなくなりました。
事前にブライダルチェックを受けさせられましたが、そのチェックも相手持ちで無料で性病検査までしてもらえてありがたかったです。
治験には、他に男性4名と女性5名が参加していました。
痩身効果もあったようで、男性は体重90kg以上、女性は70kg以上が対象とされていました。
それぞれに個室が用意されていましたが、日常生活としては自由で、食事などは希望するものが用意されるという天国のような生活。
下世話な話ですが、治験者同士の恋愛も許容される空間でした。
新薬の影響で性欲増加は仕様のようで、性行為は運動の一項目とされていました。
毎食後規定量の投薬を約束されていましたが、飲み忘れがないよう検査員が毎回一人一人に手渡し、確実に投薬されたことを確認してからの自由時間でした。
特に運動を強いられるわけでもなく、用意されていたトレーニングジムは治験者同士で譲り合って使用していました。
また、パーソナルトレーナーも参加していたため、安全に器具を使用することができました。
日中退屈な時間が無いように、希望すれば内職的な軽作業もすることができました。
日常生活で主夫・主婦として過ごしている状態でも効果が現れるという新薬のようです。
治験期間の30日間で、全体的な体重減少率は12kgとかなりハイペースな減少と、筋肉量は平均6%アップと全員が良い結果を生みました。
ほぼ毎日全員が男女ペアで運動をしていたのも結果に繋がったと思います。
私は、トレーニングジムの使用率が誰よりも多かったため、弛んだ身体が一気に絞まりました。
その分の反動も大きかったですが、楽しい時間を過ごすことができました。
治験に参加してよかった点は、正に充実した生活を送ることができたことです。
ストレスのない自由な時間を過ごすだけで仕事が完了するというのも、日常生活ではありえません。
特定のパートナーとの有意義な時間が過ごせたのも嬉しいポイントでした。
一緒に参加していた他の2ペアはその後結婚したそうです。
悪い点は、投薬を辞めた後のリバウンドです。
かなり効果が強く、同じだけの運動量だけでは身体のキープができませんでした。
ダメージが残らなかったので、また機会があれば参加したいと思います。

ツールバーへスキップ