これで金欠解消!サクッと楽に稼ぎたいなら治験バイト

金欠っていきなりやってきますよね。クレジットカードを使いすぎてたり、ノリで大きな買い物をしてしまったり…、誰しも一度は経験したことがあると思います。そんなときにオススメなのが治験バイト。治験バイトは、短期間で何十万も稼ぐことができる夢のようなアルバイトなんです。治験バイトだけで生活している人もいるのだとか。治験バイトは、認知度が低く、めずらしいことから裏バイトなんて呼ばれることもあるみたいですが、怪しいバイトという意味ではないので安心してください。きちんとした会社によって運営されています。また、治験バイトといっていますが、正確には治験はアルバイトではなく、ボランティアという扱いなので、アルバイトとは多少異なる部分があります。詳しくは後で説明します。では、治験バイトとはいったいどのようなものなのでしょうか?

治験バイトとは?


治験バイトとは、市販前の安全性や有効性を確認するために行う臨床試験の被験者となるバイトです。簡単に言うと、新薬の実験台になるということです。実験台といっても、人間で検証する前に、何度も動物で試験され、安全性や有効性が確認された上でのものですから安心してください。市販される前の薬や、新しい治療法などをいち早く体験でき、さらにお金までもらえるということで治験に申し込む人も多いみたいです。

お金はどのくらいもらえるの?


治験バイトでは、協力するとそのお礼としてお金をもらうことができます。大体目安としては、1日あたり1万円~2万円の案件が多いです。最近見た治験モニターの募集だと、JAXAの閉鎖環境適応訓練設備で13泊14日滞在するだけで38万円なんていう面白そうな案件もありました。すごく人気があったみたいでTwitter上でも話題になっていました。治験でもらえるお金がいくらか知りたい方は、治験モニターのサイトなどで確認できますので、見てみると良いでしょう。また、治験でもらえるお金は、給与所得ではなく雑所得の扱いになるため、学生などがよく気にしている103万の壁とは関係ないことになります。(雑所得にも壁はあります)

どんなことをするの?


治験バイトでは、通院するタイプと入院するタイプの2種類があり、半日で終わるものから、1か月以上かかるものまであります。どんなことをするのかは治験の内容によって様々ですが、どの治験でも採血されることが多いみたいです。また、入院するタイプの治験は、比較的自由時間が多く、暇をつぶすのが大変だったと感じる人もいるみたいです。でも、大体の治験では、スマホや読書、勉強など過度な運動でなければ大丈夫みたいですよ。お金も欲しいけど自由な時間も欲しいっていう方にとっては嬉しいですね!

体験者の声


睡眠時間や食事時間は制限されたけど快適だった!(30代男性)
治験で良い商品に出会えた!(30代女性)
健康的な生活を送れた!(20代男性)

治験に参加するには?


治験に参加するには、まず治験モニターを募集しているサイトに登録します。登録したら治験モニターに応募できるようになるので、好きな案件を選んで応募しましょう。その後、説明会と健康診断を経て、治験モニターとして問題がなければ合格となります。

おすすめサイト


治験モニターを募集しているサイトはたくさんありますが、中でもおすすめなのがVOBというサイトです。VOBは、日本最大級の治験モニターサイトで、登録者数がなんと50万人以上もいるそうです。案件数も豊富で、高額案件もいっぱいあります。謝礼金など、案件の詳細は登録しないと見れませんが、無料で簡単に登録できるので、登録することをおすすめします。

まとめ


治験モニターは、短時間で高額稼ぐことができ、まだ世に出回っていない新しい治療法や新薬を体験することもできます。しかし、人体へのリスクがないとは言いきれないので、熟考してから参加するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ